スキンケア&メイク講座 化粧品専門店 店長ブログ

「私のメイク、スキンケアこれでいいの??」 とお悩みではないですか? マンツーマンのスキンケア・メイクレッスン、 お肌測定などであなたのお肌とメイクのメンテナンスいたします。 HP こちら LINE@で簡単にご予約・ご質問ください クリック⇒ TAMANO公式LINE@

メイク講座、スキンケア講座を随時開催中(出張もいたします)
宮城県大崎市古川の化粧品専門店 アメニティハウスTAMANO のブログです。
当店のHPをご覧ください⇒ こちら

LINE@で簡単にご予約・ご質問してください♪
クリック⇒ TAMANO公式LINE@

2014年02月

髪と頭皮の基礎知識  2回目となる今回は

「美髪を育む頭皮とは」


美しい髪をつくる頭皮の条件

1.モイスチャーバランスが整っている
2.表皮のターンオーバーがスムーズ
3.皮脂膜の状態が良い
4.頭皮にハリや弾力がある
5.血液循環が良い
   この5つです。



健康な頭皮


ターンオーバーがスムーズに行われ、皮脂腺の状態も良く、適度なうるおいとしなやかさがあります。
このような状態であれば、各器官もバランス良く働き、弾力のある頭皮を保ちます。
血液循環も良く、毛母細胞に栄養が順調に取り込まれ、活性化されます。
 このような頭皮の環境が整っていると、髪や健やかに成長できます。


では逆に、頭皮の状態が悪いとはどのような状態なのでしょうか。


美しい髪が育たない頭皮の条件

1.加齢による頭皮の衰え
2.血行不良
3.頭皮の汚れ
4.過剰な皮脂
5.紫外線
6.冷暖房などによる乾燥
7.乱暴なシャンプーや無理なブラッシングなどによる頭皮の損傷

荒れた頭皮

様々な要因により、ターンオーバーが乱れ、必要以上に早いスピードで角層細胞がはがれ落ち、フケが目立つようになります。 また、過剰な皮脂は毛穴をつまらせたり過酸化脂質となって頭皮に刺激を与え、抜け毛、かゆみの原因になります。血液循環が悪く、毛母細胞に栄養が十分に送られず、髪が細くなったり抜けやすくなってしまいます。  つまり、頭皮環境が乱れると、髪の健やかな成長を妨げてしまうことになります。




①髪の誕生と頭皮の役割

③髪のしくみ
④健康な髪と傷んだ髪
⑤髪の一生「ヘアサイクル」
⑥白髪発生のメカニズム

 「髪と頭皮の基礎知識」として6回に分けてお伝えしていきます。


①髪の誕生と頭皮の役割

頭皮は顔の皮膚と同じように、表皮・真皮・皮下組織の3層からなり、髪の生成や生まれ変わりを営む重要な役割を担っています。髪は頭皮内部で生まれて育つため、美しい髪の基本は、健やかな当時を保つこと にあります。
頭皮断面 

髪は、頭皮内部にある毛母(もうぼ)細胞でつくられます。
髪をつくるもととなる栄養分と酸素は毛乳頭に張り込んでいる毛細血管を通じて毛母細胞に運ばれ吸収されます。
毛母細胞は分裂・増殖を繰り返し、メラニン色素を取り込みながら毛球の上のほうへ徐々に押し上げられ角化して髪になります。

一般に髪とは、頭皮の表面に出ている毛管(もうかん)を言います。毛根で生まれたばかりの細胞は生きていますが、毛管は死んだ細胞の集まりなので、一度傷むと基に戻りません。


毛乳頭

 毛細血管が入り込み、毛母細胞に栄養や酸素を送り込む中継基地であり、毛髪成長の司令塔と言われます。毛乳頭細胞の数が多いほど毛乳頭は大きくなり、毛乳頭が大きいと、太くハリ・コシのある髪に成長します。反対に毛乳頭が小さいと、細い髪が生まれることがわかっています。


毛母細胞

 髪の母体となる部分。毛乳頭細胞との相互作用に加え、毛細血管から栄養や酸素を取り入れて分裂を繰り返すことにより、髪を形成しています。
 毛母細胞の働きは自律神経やホルモンによってコントロールされているため、健やかな髪が生まれるためには、身体の健康はもちろんストレスをためないことが大切です。


毛根鞘(もうこんしょう)細胞

 おもに毛包を構成し毛根を包む細胞で、毛球から皮脂腺開口部あたりまでを指します。毛幹の形成までをささえ、頭皮表面へ導く役目をしています。
 毛根鞘細胞の働きが低下すると毛包が大きく成長せず、ハリこしのない細い髪になります。

毛根鞘細胞

毛芽(もうが)】
 毛母細胞のもとで、その名のとおり新毛の芽。活性化した毛芽は、盛んに分裂&増殖を繰り返して毛乳頭を包み込み、毛母細胞となります。


メラノサイト(色素形成細胞)】
 メラノサイト幹細胞が分裂してできる細胞。メラニン色素を生成して、髪に色を与えています。

皮脂腺
 毛包の上部に接続し、皮脂を分泌して、頭皮や髪にうるおいを与え保護しています。






②美髪を育む頭皮とは
③髪のしくみ
④健康な髪と傷んだ髪
⑤髪の一生「ヘアサイクル」
⑥白髪発生のメカニズム

BlogPaint ディシラ ヘアプロテクトエッセンス 150ml 4,200円(税抜)  レフィル 150ml 4,000円(税抜)
2014年2月21日新発売


【特長】

日中の紫外線乾燥ドライヤーの熱寝ている間の摩擦などから髪を守る
 ●髪1本1本を強力にコートし、髪を傷める環境や刺激からブロックする
  →なめらかベール処方
  →紫外線防御剤
  →静電気防止剤

 ●傷んで空洞化した髪の内部を芯まで補修し、傷んだキューティクルを保護する
  →ディープリペアエフェクター

 ●髪内部をうるおいで満たし、保護する
  →月見草油(保湿)

②オイルコーティング補正効果により、うねり・ちぢれ状態のエイジング縮毛を1本1本なめらかに整える
  →ローズヒップ油(毛髪保護補修)

③髪に豊かなつやを与える
  →グロスシャインオイル(つや付与)

④髪になめらかに広がり、根もとから毛先まで均一の極薄ベールをつくりスルスルなめらかな髪が続く
  →なめばらベール処方

⑤豊かなつやがヘアカラーの色をひきたて褪色してくすみ色になったヘアカラーの色も美しく見せる
  →グロスシャインオイル(つや付与)
  →なめらかベール処方


【ご使用法】
 ○使い始めは、中味が出るまでディスペンサーを数回押してください。
 ○適量を手のひらにとり、両手のひらによく広げたあと、髪全体になじませます。
 ○使用量の目安:セミロングヘアでディスペンサー1回(約1ml)
  髪の量や状態、仕上がりの好みによって加減してください。
 ○乾いた紙にも、ぬれた髪にもお使いいただけます。


 毛穴、むくみ改善に特許取得の長命草。

タブレット、ドリンク、パウダーの3種がそろっております。

○長命草ドリンク 1本125ml 200円(税抜)  
1か月分30本 6,000円(税抜)  
1本あたり  46kcal

○長命草タブレット 180粒 5,000円(税抜)    
6粒あたり 6.3kcal 

○長命草パウダー 30包 2,500円(税抜)
1包あたり     9.1 kcal

美容&健康のために 続けたい、でもどのタイプが身体に、生活パターンにあうかわからないΣ(・ω・ノ)ノ

そんな方のために お得な3種が入ったセットをご用意いたしました♪

 【長命草10日体感セット】

  長命草ドリンク 7本
  長命草タブレット2日分(6粒×2袋)
  長命草パウダー1包
                 計10日分 1,400円(税抜)


写真
                               
  美容&健康に長命草♪  まずはお試しください~。

長命草 https://www.shiseido.co.jp/choumeisou/

表面

裏面


へあ_0022 ディシラ シャイニーヘアオイル 50ml 3,800円(税抜)
           2014年2月21日新発売

商品特長
髪の芯から輝くような豊かな艶を演出

  ○オイルコーティング補正効果により、うねり・ちぢれ状態のエイジング縮毛を1本1本なめらかに整える
   →ローズヒップ油(毛髪保護補修)

  ○いどく傷んだ髪のダメージをしっかり補修する
   →レシチン

  ○髪内部をうるおいで満たし、保護する
   →月見草油(保湿)

  ○神の根本から毛先まで均一に輝く、豊かなつやを与える。 
   →グロスシャインオイル(つや付与)

②とろみのある濃密なオイルが髪に均一にのびて、すばやく浸透する。

③つややかで、しっとりなめらかな髪質感が1日つづく

④豊かなつやがヘアカラーの色を引き立て、褪色してくすみ色になったヘアカラーの色も美しく見せる
   →グロスシャインオイル(つや付与)
   →オイル基剤

⑤上品なエレガンスブーケの香りが長時間続く

⑥摩擦、ドライヤーなどのダメージ要因から髪を守る
   →オイル基材

  

【使用方法】
 ○半乾きの髪に使用します。 ※乾いた髪にもお使いいただけますが、半乾きの状態のほうが伸びがいいです。
 ○適量を手のひらにとり、両手のひらに広げた後、傷んだ毛先を中心に髪全体になじませます
 ○使用量の目安:セミロングヘアで10円硬貨大1個分(約1ml) 髪の量や状態、仕上がりの好みによって加減してください。



 このアイテム、実習用見本が入ってからお客様に実際つけていただいておりますが、とても好評です♪
手のひらに乗せ、髪になじませていきます!! なんと、手のひらが全くべたべたしないんです。
 そしてツヤと香りのよいこと。

2年前の資生堂限定品、花椿香油の香りに似ています。とても安らかな香りです。
ぜひ店頭でお試しください~。
香油花椿 資生堂140周年記念品 花椿香油


このページのトップヘ