髪と頭皮の基礎知識  3回目となる今回は

「髪のしくみ」

 髪は3つの層からなり、髪の芯となるメデュラのまわりを髪の色や髪質などをつくるコルテックスが囲み、一番外側を外部の刺激から守り、ツヤや滑らかさを左右するキューティクルが包んでいます。

美しい髪の条件

1.キューティクルがきちんと整い、なめらかな状態
2.コルテックスに十分な たんぱく質と適度な水分量が保たれている。
3.CMC(毛髪細胞膜複合体)が良い状態に保たれ、キューティクルやコルテックスが密着している
   この3つです。

美しい髪の条件


髪にダメージを与える要因としては

・紫外線
・冷暖房などによる乾燥
・ドライヤーやホットカーラーなどの熱
・パーマ
・ヘアカラーブリーチ
・無理なブラッシングやもつれなどの摩擦

があります。



  ○キューティクル(毛表皮)
 ・おもにケラチンという硬いたんぱく質でできており、毛先に向かってウロコのように重なり合い髪を守っています。
 ・健康な髪では通常6~8枚の密集した層になっています。
  キューティクルがきちんと整いなめらかな状態であれば、保護効果が高まるだけでなく、光が正反射して髪がつややかに見えます。
 ・硬い反面、摩擦に弱く、乱暴なシャンプーや無理なブラッシングなどにより、傷ついたり、はがれやすい性質を持っています。

  ○コルテックス(毛皮質)
 ・主成分は軟らかいたんぱく質で、髪の85%~90%を占めています。
 ・弾力性に富み、通常12~13%の水分を含んでいます。コルテックスの状態によって、髪の弾力性やしなやかさ、強さ、太さなどの髪質を左右します。
 ・パーマ剤やヘアカラーなど薬品の作用を受けやすく、たんぱく質が溶け出したりすることもあります。



  ○メデュラ(毛髄質)
 ・髪の芯にあたり、空気を含んで空洞となったハチの巣状の細胞が並んでいます。
 ・一般的に太い毛髪ほど多く、うぶ毛や赤ちゃんの髪には存在しません。


  ○CMC(毛髪細胞膜複合体)
 ・キューティクルやコルテックス内の細胞同士を接合する物質。パーマ剤などの薬品が浸透する経路となり、また、コルテックスの水分やたんぱく質もここから溶け出します。
 ・CMCが溶け出すと、細胞をつなぎ合わせる接着剤的な働きが弱まり、髪は傷みやすくなります。




髪と頭皮の基礎知識
①髪の誕生と頭皮の役割
②美髪を育む頭皮とは
③髪のしくみ
④健康な髪と傷んだ髪
⑤髪の一生「ヘアサイクル」
⑥白髪発生のメカニズム