肌の土台となる真皮のコラーゲン量は加齢とともに減少

コラーゲンを生み出す力も低下
し、良質なコラーゲンはどんどん減少します。

さらに、

肌・からだの機能低下により、肌は化粧品の効果が薄れ

乾燥、はりのなさ、しわなどの悩み が深刻化します。


真皮肌断面

要因1.

加齢や紫外線などにより、血管とリンパ管の機能が低下する ことが資生堂の研究でわかりました。


機能が低下すると、

血液循環が悪くなり(肌温に影響)

栄養や酸素が行き届かず、老廃物や余分な水分の回収が悪くなります。



要因2.

新しく元気な繊維芽細胞の供給源である「真皮幹細胞」が加齢により減少するために、

繊維芽細部の数が減り、コラーゲン産生量も減少します。


資生堂は、長年の美容サプリメント・コラーゲン研究から、

コラーゲンを増やすには


繊維芽細胞の活性化のみならず(※1)、新しく元気な繊維芽細胞を生み出すことが必要だと考え、

真皮幹細胞に着目しました。


(※1 2002年 皮膚賦活食品として特許3308433号として資生堂取得。2015年特許権利期限)




真皮幹細胞とは?


資生堂ページ http://www.shiseidogroup.jp/technology/detail/24.html