【年代による髪質の変化と意識の変化】

30代

髪の生育に必要な女性ホルモンが減少し始めるのを境に、

徐々に髪質に変化がみられるようになります。

髪の乾燥

指とおりの悪さ

この2つの変化をかんじると言われてます。

【40代~50代】

更年期前後には、髪質がさらに悪化し、特に閉経後には顕著に現れ、

薄毛や白髪が目立つ人も多くなります。


【60代】

頭皮の乾燥が加速していき薄毛が気になる人も現れます。


 このように女性は年代毎に髪質が変わり、髪悩みを変化していきます。




資生堂の調査によると

 加齢やストレスなどにより髪を作り出す毛包血行不良となり、また日本人女性の約7割が頭皮トラブル(炎症を起こしている

ことがわかりました。
頭皮断面 


血行不良や頭皮の炎症により毛髪をつくり出す機能が低下すると、ハリ・コシやつやがなくなります。

また、女性特有の髪の本数減少による薄毛白髪うねり・くせ毛、分け目密度の低下を招きます。


過去記事 

髪と頭皮の基礎知識①~⑥
http://tamacarpe.livedoor.biz/archives/cat_1196738.html