たまのの過去を知る方はもうご存知でしょうが、以前たまのは大学を卒業して一般企業で働いた経験があります。


  275f983f.g


  そこは”商店街”がかつて(今も)敵愾心むき出し(笑)の総合スーパー、㈱イオンでして、

 私が入社したときは前身の ジャスコ株式会社でした。


  入社後の配属先は 秋田県能代市の能代支店。その半年後に 福島県白河市の白河西郷店に転勤となりました。

  所属の部門はデリカ。 

いわゆる惣菜部門でして、コロッケ・から揚げ・トンカツなどの揚げ物。巻物や寿司などを作る部門でした。


  この部門で取り扱う原材料(販売品)はほぼ冷蔵・冷凍のままで、”技術”的なものが要求されるのは

 寿司カテゴリーだけなのです。 しかも 柵の状態で入荷するマグロ、フィーレになっているカンパチなどなど。
 
 皮引きしてネタにする。 ま、これもこれで技術が必要なわけですが、自慢できるほどの”技術”ではないと思いながらの数年間でした。


 2店舗目の白河西郷店で水産部門のO(同期)とS主任と仲良くさせていただいたのが2000年。

 ちょうどこの時季から店頭に並び始めたんですよね、”サンマの刺身”が。


 それまで中々サンマの刺身というのはお目にかかることなく、


 「へ~、サンマも刺身で食べれるんだ」ぐらいに思っていまして

 食べてみたら あまりの美味しさに感動したのを覚えてます。


 生サンマで一尾100円

 刺身になると 298円~348円くらいになったでしょうか。


 刺身にする(加工)すると 売り上げ100円がその2~3倍くらいになる、ということが

 惣菜部門の主任として、ほんとレベルが低いかもしれませんが衝撃だったわけです。


 商品+技術 で 値段を上げることができる。ということに。


 水産部門に遊びに行き、同期のOがサンマを手に取り 

 包丁の見たことのない細身なものを手にし
 
 手際よく刺身を作っていくその姿はを見て心に浮かんだのは”かっこいい”の一言

 まな板を洗い、水気を拭いて

 頭を落とし、ワタを取り、皮をはいで刺身を作っていく。

 トレーをだし、ツマと大葉を手際よく置いてその上に 脂が光るサンマをキレイに載せていくその様。

 いや~、かっこよかったんですよね。


 それを見てから 自分で魚を裁けるようにと アジやイナダで練習し始めてはや10数年。

 ここ1,2年は暇を見ては、 手島魚屋さんや福島魚屋さん、スーパーあいのやに行って美味しい魚を物色。

 自分で捌いて酒のツマミに食べる。というのがタマノの流行です。


 と大変どうでもいい思い出話をしたのですが

 昨日8/22、ヒラメを購入し捌いてみました!

2015-08-23-18-24-01


スーパーあいのやで確か1000円ちょっとの ひらめ


YouTube でさばき方の復習をして




いざ!

今回でさばくの3尾目ですので結構楽ちんでした。

2015-08-23-18-47-01
縁側もきちんと取れました♪


2015-08-23-18-59-40

刺身の切り方はいまいち。 次回はここの習得を目指していきたいと思いますwww


モチモチとして美味しいヒラメでした。