以前ご報告していました通り、2/14(水)~2/16(金)に日程で開催されました資生堂学園メイクアップ2級講座及び検定のために大阪に行ってまいりました。

 備忘録も兼ねて大阪の旅を「メイク講座編」と「食道楽編」に分けて記録して参ります。



2/14 初日 メイク講座1日目


義妹ご夫婦の住む八尾市から電車ところから乗り換えること3回、約50分。

淀屋橋にあります資生堂大阪ビルがこの3日間の講座&検定の会場です。
2018-02-14-09-05-13

2018-02-14-09-05-36

 駅の出入り口とこのビルの出入り口が一緒になっていました。


今回の2級講座には計10名の参加者。もちろん東北地区からは私のみでして岡山や名古屋、東京などから参加されてます。


2018-02-14-09-36-30


2018-02-14-09-36-38


講座で使うブランドは

ベネフィーク
プリオール
マキアージュ
クレド・ポー・ボーテ
dプログラム


と資生堂のメインブランドがずらり。

目指すお肌、イメージに合わせてどのブランドを使うか。これもまた大事なんですよね。



2018-02-14-09-39-30

いよいよ講座スタートです。

資生堂学園副校長の西島悦さんとスタッフ?の山本さんのお二人が講座を進めれられます。



2018-02-14-14-31-09
 シュメール文字?いやいやいや。日本語です。




 基本と応用の知識などを再確認。 

ここで大事なのが「標準顔のゴールデンバランス」が頭に入っているか。ということ。

知識が不確かなところがあり反省。改めて大事な基本を振り返ることが出来ました。




ゴールデンバランスを整えるメイク


基本の知識をおさらいしたところで、さっそくメイクです。


先に確認したゴールデンバランス。

この「ゴールデンバランスを整える」というテーマで制限時間20分でメイク。


相モデルが常なのですが、私は男ですのでわざわざお一人のモデルさんをご用意していただきました(感謝)


参加者10名それぞれメイクをして、西島先生がアドバイスをするという流れ。


メイクを終えての西島先生からのアドバイス

●眉の最後の部分。もっと自然に
●まつ毛を上げるビューラーの使い方。もっと上げる



この2点をアドバイスいただきました。


~~昼食~~

淀屋橋はオフィス街なので資生堂ビルの近くに弁当屋さんが何点かあり、そこでお弁当を購入し昼食。


2018-02-14-13-06-35
 天気も良く絶景です。



~~昼食終わり~~


午後からまた相モデルでメイク。何かが下りてきた!


今度は、岡山県のお店さんのNさんをメイクすることに。


目もとが丸く背が高くほっそりとした印象のNさん。

目もとの丸みがとても印象的なので「優しく女らしい」イメージにメイクをしようと考えました。

使うファンデのブランドは「ふんわりとした肌」を作るには最適なベネフィークをチョイス。

眉の色、質感。眉の濃さ外側に置くことで視線を外にずらしお顔をふっくらと優しく見せる。

アイラインはブラウンで目じりを太めに入れて目もとに大人っぽさを。でも上げ過ぎてキツクならないように。

こめかみ、ほおがほっそりしているところには、ハイライトベースとハイライト系のフェースカラーを入れてふっくら感を



こんな感じで仕上げました。

ここでNさんの背後に立って鏡を見ます。


う~ん、なにかが物足りない、パッと目に飛び込んで来ない。。。。


「そうだ!黒目の所だけに、ブラックのアイラインを入れてみよう!」

まぶたをめくりインナーにラメの入ったブラックアイライナーを入れてみると!


目もとの印象がアップ!

ぱっと印象が際立ち、お肌もキレイに見える。
ひとつのメイク(アイライン)で目を引く仕上がり。



文字に起こすのが難しいのですが、この感覚、この過程で1段階段を上がれた気がしました。





翌日の課題(モデル)をいただいて1日目終了。

席に着きクジを引いて翌日のメイクのモデルさんを決めます。


私が引いたのは「9番」 ショートカット、骨格感がある。目の位置は遠心的。

フレッシュ、活発のお顔立ちと分析するのですが、はて、メイクでどうイメージを変えていくか。

もしくはそのイメージを活かしたメイクをしようか・・・


 そんな課題を持ち帰り、一日目終了です。

2018-02-14-13-13-00
2018-02-14-14-39-12




メイク講座2日目スタート!はるか上の技術を持つ方が・・


2日目、さっそくモデルさんが入り、メイクの実習です。


・・・・・・写真を見て受けた印象と違う!


こそこそっと先生に近づき

「すみません・・・、プランと違うメイクにしてもいいですか?」

と小声で聞いてOKをいただきメイクスタート。


このモデルさん、お顔立ちは子どもっぽいのですが、表情、しぐさ、佇まいがクールなんです。

切られている服もグレーとブラック。

職業をお聞きしますと美容師。

ここでメイクイメージを「クールの中にも甘さがある”カリスマ美容師”」
オッサン脳で考えられる最上級の言葉をひねり出しメイクに取り掛かったのでした。


使用したアイテムは

CPBのファンデ。

OC20をフェースラインに、PO(ピンクオークル)10をお顔の中心に。
PO10を入れることで、クマを明るく、そしてクールになりすぎないよう
にしました。

目と目の間のスペースがあるので、目頭までアイライナーを入れてアイシャドーも目頭にも入れて

眉はパウダーで描いた後に、今時感・軽さを出すためにアイブローマスカラでツヤと色をプラス

意識したのがチーク!

西島先生に骨格の捉え方とそれに合わせたブラシの入れ方を教えてもらいました

お顔が短いモデルさんをちょっと面長に。そしてクールに。


口紅はあえて色味を抑えてベージュ系に。



2018-02-20-09-28-06

2018-02-20-09-29-43


2日目からお見えになられたマサ大竹校長に、技術と色のチョイスを誉めらました!(ような気がします)


午後からはまた別のモデルさんにチェンジしてまたフルメイク。


 メイクし終えたあといつも通りチェックが入り、課題が見つかりました。

リップラインです。

どうしても左右のずれ・ゆがみが出てしまう。

そこで山本さんがアドバイスくださいました。

リップブラシの角度、力加減。そして動かし方、

手首で動かすのではなく腕ごとずらしてラインを描いていく。

へ~、新たな発見でありました!


フルメイクが終わり、メイク技術の課題が見つかったところでモデルさんをチェンジして再度課題のポイントをメイク。



2018-02-15-16-13-15

 キワのファンデのなじみが甘いですが、キレイなラインが描けるようになったような・・・

唇のメイクを想定して、ベースづくりのときに唇をどうするか。これが大事になります。




と、午後一で私がメイクしたモデルさんを、Mさんがメイクされました!


明らかに私がした時よりもキレイ!!!!

これは驚愕でした、こうはっきりと違いが分かるなんて。


写真がなくてアレですが、

私は目もとをピンク系でグラデーションをつけて深みのある優しい目もとにしたのです。

Mさんは、モデルさんの服がグリーン系だったので、グリーンのアイシャドー使用したのですが、グラーデーションをつけた私のメイクよりも目がとても大きくキレイに見えたのです

モデルさんの笑顔も私のメイクよりもニッコリしてる!!(半分被害妄想w)


そのコツを聞くと

細いアイラインで目のフレームを強調する


へ~。目からうろこでした。 
色の厚みでなく、ラインとアイシャドーを細く入れることで目のフレームを広く見せる。

言葉にするとわかりづらいですが、玉野の頭では理解してます(笑)


Mさん。 
店長たまのが8月に出場した、NCCコスメティック甲子園で見事優勝された方なんで。

「へ~」と思わずうなってしまうその仕上がり、技術。

誠に悔しいですが、私より上のレベルですね~。


そんなこんなで二日目も、つまりは2級の講座も終わりです。


●眉の最後、眉尻まで気を抜かない
●ビューラーの使い方
●チークの入れ方、入れる場所の確認(頬骨をどう使うか)
●目を大きく(キレイに)見せるまた別の方法。
●色はもっと大胆に
●最後は鏡を見て、違和感を感じたらその感覚を信じて色を入れる


これらを学びました。



2018-02-15-16-50-28

講座修了書をいただきました。


2018-02-15-16-43-09
西島悦副校長と大竹校長


お二人とも、ほんとすごい方なんですよ~


マサ大竹

⇒西島悦


3日目 検定 技術・知識


2日目終了時に再度抽選を行いまして、検定【技術部門】のモデルさんを決めました。


午前中は練習に充てられ、昼食を挟み、技術の検定(メイク45分)のスタートです。


2018-02-16-14-30-39

メイクしたモデルさんにプランを持っていただく。
仕上がりとプランを大竹校長と西島副校長に審査していただいている間に

学科試験。

全部で50問だったかな?マークシート式の問題でした。


「質感」 この知識が不足していたことが判明しました。


検定結果は後ほど郵送されてくるそうです。


これにてメイクアップ2級講座&検定が終了いたしました。


大竹校長、西島副校長、山本さん、そしてご一緒に受講された9名のみなさん、ありがとうございました~。




この学んだ知識と技術を大崎の方に提供し

楽しく!前向きに!自信を持って毎日をお過ごしいただければ嬉しいです。


学んだ知識、技術をお伝えする「キレイのお稽古」は随時ご予約受付中です。

2,3月紫外線に負けない



ご予約、お問い合わせお気軽にくださいませ

【電話】0229220592
【メール】info@tamacarpe.shop
【LINE】
友だち追加数



~あなたの’キレイの実現’をお手伝い~

コスメコンシェルジュ・メイク東北大会優勝者のいる化粧品専門店
アメニティハウスTAMANO

【HP】http://tamacarpe.com
 

インスタ始めました♪

インスタロゴ