宮城県大崎市古川にあります化粧品専門店 アメニティハウスTAMANO のブログです。

知識・技術をお伝えし「お一人おひとりの”キレイ”のお手伝い」をモットーに活動してます♪

 今朝(10/6)の日経新聞朝刊に がん治療で脱毛・肌くすみでお悩みの方への
 
 外見ケア についての記事がありました。
写真 2016-10-06 6 53 38

タイムリーな記事!

あさって10/8(土)、この古川の地でも外見ケアの講座が行われます。


8チラシ


TAMANOでも、個別にご相談、メイクアドバイスをさせていただいております。


10/8(土)、大崎市保健福祉プラザにご来場くださいませ♪


 【開催日時】
2016年10月8日(土) 13:20~16:00(13時会場)

【会場】
大崎市古川保健福祉プラザ (大崎市古川三日町2丁目5-1)

【第一部】
ピンクリボン講演 『患者さんとかかわるために~乳腺外科医が考えていること~』
   大崎市民病院 乳腺外科科長 吉田龍一氏

【第2部】
『がん患者さんのためのカバーメーキャップ ~いつもどおりの自分でいるために~』
   資生堂 ライフクオリティビューティーセンター  Makeup Carist 桜井奈緒美氏


【参加費】
500円(資料代)  

【事前申し込み不要】




この第2部のメーキャップで店長たまのも協力させていただきます。
写真 2016-09-02 16 25 48


〇肌色変化時のカバーの仕方
〇脱毛時の眉の描き方の基本
〇まつげの抜けた目もとの印象をくっきりさせるアイライナーの描き方
この3点を第2部でお伝えする予定です。

写真 2016-09-02 16 26 00


がんと闘っている方、支えているご家族の方、ぜひご参加くださいませ。



  

大崎市民病院 りんりんの会HP

がん情報みやぎ


資生堂ライフクオリティビューティーセンターHP


 本日午後2時より 大崎福祉プラザに行ってきました。

大崎市民病院内にあります 乳がん体験者の会「りんりんの会」のTさん

資生堂ジャパン ライフクオリティビューティーセンターのSさん

資生堂ジャパン 東北支社Sさん

 と店長たまのの4人での打ち合わせでありました。


今年の2月に新聞記事とそれをご覧になられたTさんからのお電話であれよあれよと進んだ企画も

開催まであと約1か月となりました。(その ブログ



写真 2016-09-02 16 26 30

 病、薬の影響で、

眉がうすくなったり

肌色が変化したり

まつ毛がぬけてしまったり


そんな方のための カバーメーキャップをお伝えする機会になります。


【開催日時】
2016年10月8日(土) 13:20~16:00(13時会場)

【会場】
大崎市古川保健福祉プラザ (大崎市古川三日町2丁目5-1)

【第一部】
ピンクリボン講演 『患者さんとかかわるために~乳腺外科医が考えていること~』
   大崎市民病院 乳腺外科科長 吉田龍一氏

【第2部】
『がん患者さんのためのカバーメーキャップ ~いつもどおりの自分でいるために~』
   資生堂 ライフクオリティビューティーセンター  Makeup Carist 桜井奈緒美氏


【参加費】
500円(資料代)  

【事前申し込み不要】




この第2部のメーキャップで店長たまのも協力させていただきます。

写真 2016-09-02 16 25 48


〇肌色変化時のカバーの仕方
〇脱毛時の眉の描き方の基本
〇まつげの抜けた目もとの印象をくっきりさせるアイライナーの描き方


この3点を第2部でお伝えする予定です。

写真 2016-09-02 16 26 00


がんと闘っている方、支えているご家族の方、ぜひご参加くださいませ。



  

大崎市民病院 りんりんの会HP

がん情報みやぎ


資生堂ライフクオリティビューティーセンターHP

 一瞬も 一生も 美しく


言わずもがな、株式会社 資生堂ジャパンのコーポレートメッセージであります。


お題目だけではなく、このメッセージをいかに企業活動に落とし込むか。

企業の社会的責任、社会的存在意義。



先週の河北新報に資生堂がガン患者向けの小冊子を作ったという記事が上がりました。


その記事をご覧になった大崎市古川の、あるがん患者さんのコミュニティーの代表の方が

ネットで調べて 当店を探し当ててくださってお電話をくださったんです。


「新聞記事を見まして、冊子をいただけるとか・・・・」

「患者さん向けにセミナーを過去に開催をしているのですが、そういったお願いもできるんでしょうか・・・」




店長たまのだけではちょっと判断つきかねたので早速資生堂ジャパン東北支社に連絡。


「すぐ、本社(ライフクオリティービューティーセンター)に連絡して、冊子を送ってもらうよう手配します」


早いんですよ、対応が。


そして驚いたのがそのものの数十分後にいただいたお電話。


資生堂『本社(ライフクオリティービューティーセンター)の者が、その日(2/12)に、あきひろさんと一緒に

ご要望をお伺いします』



本社(東京)からいらっしゃるんですって!!!!


という経緯がありまして、つい先ほど、ご相談というか今後の活動について打ち合わせを行いました。



ということで、今年の夏、と秋に 美容講座に開催とそのお手伝いをさせていただくことになりました(*・ω・)ノ

東京からお越しいただきましたSさん、ありがとうございます!
そして東北支社のSさん、ありがとうございます!

そして何より何より、新聞記事をご覧になられてご連絡いただきましたTさま、ありがとうございます!







大崎地域のそんなお悩みをお持ちの方に、化粧品専門店としてどうお役に立てるのか。



『一瞬も 一生も 美しく』

そして

『お一人おひとりの”キレイ”の実現の、お手伝い』






↓の冊子、TAMANOにございます。
ご希望の方はご連絡くださいませ

tamacarpe@gmail.com  0229220592 

本件担当、店長たまのあきひろ



image




資生堂ライフクオリティビューティーセンター
http://www.shiseidogroup.jp/slqc/



 

 去る10/9は資生堂仙台支社にて ライフクオリティセミナーでした。

資生堂ライフクオリティビューティーセンターhttp://www.shiseidogroup.jp/slqc/ より青木さんがいらっしゃいまして、最新の事例とテクニックを教えていただき、技術再確認をしてきました。



青あざ、赤あざ、白斑に傷痕、濃いシミ・くすみ、病気や薬の副作用に対して

資生堂の光技術を結集して、お悩みを少しでも緩和するアイテム群が パーフェクトカバー シリーズです。
2015-10-09-09-47-13




技術者は 当店スタッフちさえ。

見事にシミがカバーできてます。

また、眉の上にある 人工眉。これもまた練習なんです。

ガン治療などで抜け落ちてしまった眉を

毛のない部分に自然に描く練習。

眉毛のなくなってしまった箇所に描ける知識・技術も勉強してきました。
2015-10-09-11-58-11


こちらは たまのの作品。

自慢じゃないですがww かなり自然にしかも立体的に描けているかとヾ(´ω`=´ω`)ノ

2015-10-09-12-04-52






次いで シミのカバーの練習。

インクでシミを広げます。
2015-10-09-13-13-19

パーフェクトカバーコントロールカラー オレンジを使用して シミの上からカバーして

パウダーファンデーションをパフにたっぷりのせて 上からしっかり押さえる

2015-10-09-13-22-42





最後に ブラシで境目にパウダーファンデをのせて自然に

2015-10-09-13-23-00


自然にカバーできました♪ やるじゃん、ちさえさん。


2015-10-09-13-23-28






その後、 顔面神経麻痺などでお顔の左右がずれてしまった方へのバランスメイクなどなど、大変中身の濃くそして充実したセミナーでした。


お肌、お顔へのお悩みを抱えている方に

少しでも 前向きに

少しでも 笑顔になれるように


そのお手伝いをさせていただければ嬉しく思います。


パーフェクトカバーのお試しのご予約は
0229-22-0592
tamacarpe@gmail.com   担当 たまのあきひろ


お時間を1時間~3時間いただく場合がございますのでご了承くださいませ。





化粧品だから、できること。




化粧品専門店だから、できること。









資生堂ライフクオリティセンター  http://www.shiseidogroup.jp/slqc/concept.html

2年前、ライフクオリティセンターへ訪問・研修の様子 http://tamacarpe.livedoor.biz/archives/30669067.html
     

本日9/25付けの日経新聞で


「外見ケア広がる」という記事がありました。


アピアランス(外見)ケア。


ガン治療による

毛髪やお肌などの外見ケア。

IMG_4062


資生堂でも 「パーフェクトカバー」というブランドがありまして

市販されているファンデーションではなかなかカバーできない

あざやくすみ、傷あとをカバーできます。


パーフェクトカバー
http://www.shiseidogroup.jp/slqc/products/


メーキャップコーナーに仕切りを設置しており
外の視線を気にせずにアドバイスさせていただいております。

IMG_4063




『化粧品で、できること』


震災時の避難所でのボランティア活動を通じて、化粧のチカラを改めて感じました。


キレイになる喜び

化粧で前向きになれる

自分に自信を持つ




そんなコトをお化粧品を通じてお店で伝えていくことこそが

化粧品専門店の存在意義なんだろうな~と。


記事を読んで思いました。



やはり、街にひとつくらいは


相談できる化粧品店があったほうがいいと思うんですよね。


そのために、頑張るしかないですね~。




参考
『メークで元気アップ!抗がん剤による顔の悩みはメークで解消して毎日を生き生きと過ごしましょう」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/t011/201202/523753.html




http://tamacarpe.com/

このページのトップヘ