スキンケア&メイク講座 化粧品専門店 店長ブログ

「私のメイク、スキンケアこれでいいの??」 とお悩みではないですか? マンツーマンのスキンケア・メイクレッスン、 お肌測定などであなたのお肌とメイクのメンテナンスいたします。 HP こちら LINE@で簡単にご予約・ご質問ください クリック⇒ TAMANO公式LINE@

メイク講座、スキンケア講座を随時開催中(出張もいたします)
宮城県大崎市古川の化粧品専門店 アメニティハウスTAMANO のブログです。
当店のHPをご覧ください⇒ こちら

LINE@で簡単にご予約・ご質問してください♪
クリック⇒ TAMANO公式LINE@

目もと



「お肌悩みは何があります?」


と30代以降のお客様にお聞きすると


ほぼ7割は 『目もと』 のお悩みが上がります。


くま、くすみ、しわ、たるみ。

なぜ悩みができるのか?

それを知ることにより、その悩みを改善する成分、アイテムの選択ができると考えます。





目もとの皮ふは薄い!
  
  〇目もとの皮ふは約0.5mmと薄く、バリア機能が弱いうえに、皮脂腺・汗腺が少なく乾燥しやすい

  〇真皮が薄く、コラーゲン繊維や弾力繊維が少ないため、ハリ・弾力が失われやすい




  目もとは皮ふの内側に筋肉、その内側に脂肪という構造になっており、筋肉と脂肪が眼球のまわりを取り囲むようにクッションのように眼球を支えています。

目の構造

 人は一日に2万回と言われる瞬くをするときには皮ふだけではなく、筋肉・脂肪を一体として動かしています。
特に現代人は長時間のパソコン作業でモニター画面を凝視し続けることによる眼輪筋の疲労や、ストレスや緊張による瞬きの回数の増加などの症状が知られています。
  これらのことからも、目もとでは皮ふはもちろんのこと、筋肉・脂肪にまで大きな負担がかかっています。


BlogPaint
西洋人の目もと。 眼窩がすっきりしている。まぶたと目の狭さと相まって「彫が深い」顔となります。



 日本人の目もとは西洋人に比べ、骨にたいして眼球や筋肉・脂肪を含む皮ふ組織が厚く、前方に位置する ため、老化によって皮ふ組織が衰えると眼窩脂肪が前方に突出して目の下のたるみが目立ちやすくなります。

 こららの特徴から、日本人のアイケアでは単に皮ふだけではなく、筋肉・脂肪まで含めたアプローチをすることが非常に大切となります。


目もとの循環機能と肌温

目の周辺は毛細血管が密に走っているので、血液循環が滞ると「うっ血」状態となります。
停滞した血液恵同じところに長時間トドもあるために、酸素を使い果たしてしまい、還元ヘモグロビンの割合がおおくなり、くまや色ムラなどのトラブルとなって肌表面に現れます。


肌のすぐ下に骨格が存在する眼窩・鼻・口
⇒体温が伝わりやすいため肌温が高い


脂肪が厚く骨格から離れたほお
⇒肌温が低い

しみやたるみが目立ちやすい目もと・口もとは、顕著な温度ムラにさらされており、この肌温の部位差が小じわやほうれい線の形成と相関関係がある可能性があります



また、加齢などによって、肌温を調整している「スフィンクター(前毛細血管括約筋)」と呼ばれる毛細血管の出入り口にあるコイル状の筋肉が弱まって、皮ふの血流量調整能力・新陳代謝が低下することが分かっており、これも温度ムラに影響している可能性が考えられます。


 

まとめますと

〇皮ふだけでなく筋肉・脂肪へのアプローチ
〇目もとの循環を高めながら、表皮・真皮の肌トラブルの原因を浄化する
〇目もとを効果的にマッサージして、スフィンクターを刺激し温度ムラ(血流ムラ)を刺激する


この3点が目もとケアには必要です。


9月下旬から右目(画像では左側) ”のみ”に使用してきました。

夜、お風呂上りの化粧水・乳液をつけてお手入れの一番最後。

馴染ませて、マッサージしての約3週間!

コメント付き
 


使用してきたのは


10月21日新発売の

ベネフィークアイサーキュリスト



商品画像

マッサージしながら目ものとお悩みのケアするアイテムです。





どうですか?

していない右側の悩みが目立つ~~~~。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



目もとの しわ くま たるみ などの 影は顔印象を一気に老けさせますよね。

目もとの皮膚生理に対応した成分が入っている


知っておきたい基礎知識~目もとお悩み編~



ベネフィークアイサーキュリスト について詳細は
こちら http://tamacarpe.livedoor.biz/archives/40866935.html



発売を記念しまして、このアイサーキュリストをご予約・お求めの方
先着30名さまに


ドリンク1本

ベネフィークコラーゲンロイヤルリッチ〈ドリンク〉1本プレゼント♪

お肌の内からも目もとケアしてください。


。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚。・゚

キレイ&お得な情報配信中!

メルマガ会員募集中~。

お誕生月のエステ1000円クーポンや新製品のサンプルクーポン、ヨガ教室情報など キレイ&健康そしてお得な情報を流しています。

 carpe@star7.jp

に空メールを送り,送られてきたメールに返信するだけ。

 ※迷惑メール設定をされてますと受信できませんので解除をお願いいたします。





10

 9.21に発売となりました 



 
パーフェクトカバーアイズ 1,200円(税抜)

アイベース



本日まで3名のお客様に付けさせていただきました。

20代、60代、30代と。


くすみが消える!

小じわのある目にもよれずにつけれる!

アイカラーの発色がよくなる!


のいいことづくめのアイカラーベースです。

素肌に近い仕上がりがお好みの方も

これを目もとにのせると

さらに

ナチュラル&透明感


ぜひ店頭でお試しください♪


アイテムの詳細は http://tamacarpe.livedoor.biz/archives/40847519.html

 前回 「知っておきたい基礎知識~目もと悩み編~」 で目もとの皮ふ生理も含め原因をお伝えしました。

〇皮ふだけでなく筋肉・脂肪へのアプローチ
〇目もとの循環を高めながら、表皮・真皮の肌トラブルの原因を浄化する
〇目もとを効果的にマッサージして、スフィンクターを刺激し温度ムラ(血流ムラ)を刺激する

この3点が 目もとお手入れには必要となります。


2014.10.21 資生堂ベネフィーク より 

新しいタイプの アイケアアイテムが出ます♪
商品画像
資生堂ベネフィーク
アイ サーキュリスト 〈アイクリーム〉 5g 10,000円(税抜)

①筋肉・脂肪にまで同時にアプローチ。日本人特有の肌トラブルの根本に働きかける

 【たるみ・ほうれい線】に効果的な成分

 テンチャエキス・・・・たるみの要因である大型の脂肪細胞を小型化
 ワレモコウエキス・・・筋細胞を活性化し、皮下組織からしわ・たるみのない引き締まった目もとへ

 


②目もと循環機能を高めながら、表皮・真皮の肌トラブルの原因を浄化する


〇表皮のトラブル
 【茶ぐま】
 ビタミンCエチル・・・メラニン還元
 ビタミンE誘導体・・・血行促進により、代謝を高める

 【青ぐま】
 ケイヒエキス・・・血管・リンパ管の循環を高める
 ビタミンE誘導体・・・血行促進により、代謝を高める

〇真皮のトラブル
 【たるみ・ほうれい線】
 カスムナールエキス・・・女性ホルモンの力を引き出しコラーゲン産生力を高める
 サイコエキス     ・・・コラーゲン・ヒアルロン酸産生、繊維芽細胞賦活

 【しわ】
 レチノール誘導体 ・・・代謝を高め角層の重層化を防ぐ
 ウコンエキス    ・・・しわ酵素の活性抑制。光老化を防ぎ、弾力を保つ
 

③目もとを効果的にマッサージしてスフィンクターを刺激し、温度ムラ(血流ムラ)を改善する

 スッティク状ならではのマッサージ効果で、スフィンクターを適切に刺激し、目もとの循環機能・新陳代謝を深部から深めることができる。

 商品画像



使用順序

〈朝〉  乳液の後。 アイサーキュリストの後に必ず日焼け止めを。
〈夜〉  お手入れの一番最後


店頭でお試しできます♪

目もと



「お肌悩みは何があります?」


と30代以降のお客様にお聞きすると


ほぼ7割は 『目もと』 のお悩みが上がります。


くま、くすみ、しわ、たるみ。

なぜ悩みができるのか?

それを知ることにより、その悩みを改善する成分、アイテムの選択ができると考えます。





目もとの皮ふは薄い!
  
  〇目もとの皮ふは約0.5mmと薄く、バリア機能が弱いうえに、皮脂腺・汗腺が少なく乾燥しやすい

  〇真皮が薄く、コラーゲン繊維や弾力繊維が少ないため、ハリ・弾力が失われやすい




  目もとは皮ふの内側に筋肉、その内側に脂肪という構造になっており、筋肉と脂肪が眼球のまわりを取り囲むようにクッションのように眼球を支えています。

目の構造

 人は一日に2万回と言われる瞬くをするときには皮ふだけではなく、筋肉・脂肪を一体として動かしています。
特に現代人は長時間のパソコン作業でモニター画面を凝視し続けることによる眼輪筋の疲労や、ストレスや緊張による瞬きの回数の増加などの症状が知られています。
  これらのことからも、目もとでは皮ふはもちろんのこと、筋肉・脂肪にまで大きな負担がかかっています。


BlogPaint
西洋人の目もと。 眼窩がすっきりしている。まぶたと目の狭さと相まって「彫が深い」顔となります。



 日本人の目もとは西洋人に比べ、骨にたいして眼球や筋肉・脂肪を含む皮ふ組織が厚く、前方に位置する ため、老化によって皮ふ組織が衰えると眼窩脂肪が前方に突出して目の下のたるみが目立ちやすくなります。

 こららの特徴から、日本人のアイケアでは単に皮ふだけではなく、筋肉・脂肪まで含めたアプローチをすることが非常に大切となります。


目もとの循環機能と肌温

目の周辺は毛細血管が密に走っているので、血液循環が滞ると「うっ血」状態となります。
停滞した血液恵同じところに長時間トドもあるために、酸素を使い果たしてしまい、還元ヘモグロビンの割合がおおくなり、くまや色ムラなどのトラブルとなって肌表面に現れます。


肌のすぐ下に骨格が存在する眼窩・鼻・口
⇒体温が伝わりやすいため肌温が高い


脂肪が厚く骨格から離れたほお
⇒肌温が低い

しみやたるみが目立ちやすい目もと・口もとは、顕著な温度ムラにさらされており、この肌温の部位差が小じわやほうれい線の形成と相関関係がある可能性があります



また、加齢などによって、肌温を調整している「スフィンクター(前毛細血管括約筋)」と呼ばれる毛細血管の出入り口にあるコイル状の筋肉が弱まって、皮ふの血流量調整能力・新陳代謝が低下することが分かっており、これも温度ムラに影響している可能性が考えられます。


 

まとめますと

〇皮ふだけでなく筋肉・脂肪へのアプローチ
〇目もとの循環を高めながら、表皮・真皮の肌トラブルの原因を浄化する
〇目もとを効果的にマッサージして、スフィンクターを刺激し温度ムラ(血流ムラ)を刺激する


この3点が目もとケアには必要です。

このページのトップヘ