スキンケア&メイク講座 化粧品専門店 店長ブログ

宮城県大崎市古川にあります化粧品専門店 アメニティハウスTAMANO のブログです。

知識・技術をお伝えし「お一人おひとりの”キレイ”のお手伝い」をモットーに活動してます♪

カテゴリ:知識 > アンチエイジング

先週の10/21の日経新聞土曜版に「糖化」についての記事がありました。


 しわ・たるみ 「糖化」が一因 と気になる題字。
37ま


以下要点抜粋です。

糖化とは?起きる原因は?

・老化の原因のひとつに糖化という生体反応がある
・その進行度合いが”見た目年齢”を左右する可能性がある

糖化とは糖とタンパク質が結びついて熱が加わった時に起きる現象
・食事で過剰摂取した糖質が血中で余り

体の組織や細胞を構成するたんぱく質にベタベタとくっつく

これが体温で温められ、糖化が起こる。

体内のたんぱく質は糖化まみれになって劣化しAGEという悪玉物質に変わってしまう


・AGEは老化をはやめ体内機能を低下させることで様々な病気の引き金に
・肌のコラーゲンが糖化⇒しわ・たるみ
・血管のコラーゲンが糖化⇒動脈硬化
・骨のコラーゲンが糖化⇒骨粗鬆症
・目の水晶体にあるクルスタリンが糖化⇒白内障になるリスク高まる

・AGEをたくさん含む食べ物を取ると、一部が体内に蓄積される。
  ⇒焼き菓子や肉の加工品など糖分とたんぱく質を高温加熱した食品

どうすれば糖化とAGEの蓄積を抑えられるか?

・食後の血糖値の上昇をゆるやかにすることが大切
・糖化は食後に高血糖状態がつづくと起きるため
・炭水化物や菓子類、甘い清涼飲料水など糖質の取りすぎは血糖値の急上昇を招く

食べる順番にも気を配りましょう

・サラダや野菜料理を最初に取るのを習慣に
・野菜や海藻、キノコなどに含まれる食物繊維は糖質の吸収を良くする働き
・AGEは生野菜や刺身などの生ものに少ない
・AGEはとんかつや唐揚げなど、高温調理した動物性脂肪食品に特に多く含まれる

工夫したい、お料理方法
・加熱温度が高いほど多く発生する
⇒「生、蒸す・ゆでる、煮る、いためる、焼く、揚げる」の順がおすすめ
・鳥の水炊きのAGE量1、焼き鳥6倍、唐揚げ10倍
・酸味の強い液体に浸すと糖化が抑えられ、AGEが6割ほど減少
⇒焼いたり揚げたりする前に、レモン汁やワインビネガーで肉を1時間ほどマリネ

積極的に取りたい、抗糖化食材

ブロッコリーの新芽、ブロッコリースプラウト
⇒AGEの成分を抑える成分、スルフォラフォンが豊富

カモミールティー
⇒カマメロサイドというポリフェノールが有用



以上です。


同じく身体・肌の老化の原因である 「酸化」

よく 糖化は身体のコゲ。 酸化はサビ と言われますよね。


酸化と糖化から身体を守り、病気になりにくい身体にしたいですよね。そして、あわせて美白も。



改めて、資生堂ベネフィークホワイトブルームの効能に期待を持ちました!

店長たまの、しばし休止していただのですが本日から再開しました。

2017-02-21-07-59-26
2017-02-21-07-59-40



まずはお肌診断でメラニン量(酸化の影響)ハリ(糖化の影響)を確認してみませんか?

店頭ではさらに糖化度チェック(アンケート式)をしております


お肌診断ご予約、お問い合わせお気軽にくださいませ

【電話】0229220592
【メール】tamacarpe@gmail.com
【LINE】オススメです
友だち追加数



~あなたの’キレイの実現’をお手伝い~

コスメコンシェルジュ・メイク東北大会優勝者のいる化粧品専門店
アメニティハウスTAMANO
【HP】http://tamacarpe.com
 

インスタ始めました♪

インスタロゴ




こんにちは、店長たまのです。 
本日はPTA宮城県大会というものが田尻町で開催しておりまして、昨日と本日朝から準備をしてきました。


いや~、様々な団体とそして大会があるんですね。勉強になりました(。・ω・)ノ゙。




さて、昨日夜21時放映の NHKスペシャル

あなたもなれる”健康長寿” 徹底解剖」をご覧になりました?

人生80歳生きるのが当たり前?となったこの時代。

しかしながら ”健康寿命”となるとなんと亡くなるまでの
9年~12年は身体に何らかの健康上の問題を抱えながら生きるという事実。

健康寿命



どうせなら ピンピンコロリ と逝きたいですよね~。



常にそんなことを考えている私としてはこの番組の内容は大変興味あったのでした。


以下番組の要点を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



○寿命 →遺伝要因約25%、環境要因 約75%
  遺伝子だけで運命が決まるわけではないことが分かった

○重要なことは 細胞の慢性炎症 を抑えること

○地中海食を食べるイタリアの人は 慢性炎症が少ない
  →魚、オリーブオイル、ナッツ、野菜 など
  →オメガ3脂肪酸・ポリフェノール・リコピン の摂取が特に大事

☆しかし、地中海食を食べた実験では、 炎症が減ったという効果が出ない地域があった

  →人種によって影響度が違う?

 ⇒その地域、民族の持つ腸内細菌により影響度が変化する。


◎日本人には日本食  
  ①青魚→EPA、DHAが豊富。 べにばな油と比べ魚油は慢性炎症指標マイナス40%
  ② 大豆・人参・海藻 ⇒ 抗炎症成分豊富



【食生活だけではない、老化を防ぐ”秘密”】


答えは 微小循環

 微小循環とは 簡単に言えば 毛細血管などが酸素を運び、老廃物を排出する機能

(⇒ 微小循環研究所 

 毛細血管の働き = 血流の良さ 

老化細胞が作り出す慢性炎症の原因をできる限り取り除くためににも 血流の良さがとても重要。


だから、運動がとても重要なんですよね。


【運動】と【毛細血管】この二つの組み合わせ、どこかで聞いたような・・・

そうです、7月に放映された ガッテン!の 
アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP
で伝えられてました。

 運動をして毛細血管を増やす。ケイヒエキスで毛細血管を修復 って。



さらに 健康長寿に必要なことは

「生きがい」 を持つことだそうです。

社会に必要とされているという実感。


生きがい型の満足感が身体の中の炎症と関わりがあるということが見えてきた との事。





・細胞の慢性炎症を抑える
・微小循環を良くするために 毛細血管を丈夫にする・増やす
・ストレスをためない。やりがい・生きがいを持つ


これが乱暴なまとめ方かも知れませんがw

 健康に長生きする要素 ということですかね。  









この番組を見て店長たまのは

◎今飲んでいるホワイトブルームで
  ①抗酸化 ②抗糖化 ③毛細血管修復 ④血流改善
◎ 適度な運動で 毛細血管を丈夫に

 この二つを続けようと思ったのでした。




みなさんも、健康&キレイ に長生きしましょうね~。


リンク 

あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界




ちょっとご紹介( ´_ゝ`)


ベネフィークの美容健康補助食品には

毛細血管を修復する  ケイヒエキス、シベリアニンジンエキス が入っております。


◎体の冷えを改善したい
◎透明感ある肌になりたい
◎血流を良くしたい

そんな時は、ぜひご相談ください。

お肌、お身体の状態に合わせて最適な美容健康補助食品を選ぶお手伝いをいたします。

モーニングブースター表

モーニングブースター裏



10.21発売の モーニングブースターには お得なセットをご用意しております♪


Mブースター お得セット

 

このページのトップヘ