スキンケア&メイク講座 化粧品専門店 店長ブログ

「私のメイク、スキンケアこれでいいの??」 とお悩みではないですか? マンツーマンのスキンケア・メイクレッスン、 お肌測定などであなたのお肌とメイクのメンテナンスいたします。 HP こちら LINE@で簡単にご予約・ご質問ください クリック⇒ TAMANO公式LINE@

メイク講座、スキンケア講座を随時開催中(出張もいたします)
宮城県大崎市古川の化粧品専門店 アメニティハウスTAMANO のブログです。
当店のHPをご覧ください⇒ こちら

LINE@で簡単にご予約・ご質問してください♪
クリック⇒ TAMANO公式LINE@

タグ:古川中学校


 本日、古川中学校の卒業式でした。

その下の第一小学校の役員をやっておりまして来賓として呼ばれたのでした。


IMG_0092


今年は第72回目となる卒業式となり
卒業第26,575号~第26,788号と総勢194名の卒業生でした。


私の目の前で 起立、礼、着席 が幾度と行われたのですが
きびきびとしたその動きから
義務教育を終えて新たなステージに歩みだす気概とそして緊張が伺えました。


所属する青年部で携わったジュニエコという事業がありまして。
その2015年の記念すべき第1回に参加してくれた子どもたち4名(社長、商品部長、宣伝部長、デザイン部長の4名。財務部長は黎明中に進学)の姿も見れて感慨深いものがありました。
 身長も伸び、フラフラせずwしっかりと立って、歩いて礼をして。
踵を返して見せるその顔はとてもかっこよかったです。

  ⇒ ジュニエコ古川




校長先生の式辞も教育者としての気概があふれ、
しかも校長先生にとっても最後の卒業式、つまり定年ですね。  
感情移入する演出もあり、校長先生の人並ならぬ思いが伝わってきました。

IMG_0090


送辞、答辞とすすみ、出席者全員が起立して「校歌斉唱」


IMG_0107



 ゆったけ~き、こ~お~ど~、ひ~ろびいろ~お~~と~~~

と28年前の卒業生も直ぐに歌える自分に驚きつつ、
母校の校歌を再び歌えることに幸せを感じるのでありました。


閉会宣言、修礼でおわり、
その後に卒業生からの贈り物?合唱を聞かせていただきました。



「旅立ちの日に」 と 「群青」


194名が目の前の壇上に上がり、ピアノを弾く生徒、指揮棒をにぎるのも生徒。
歌いながら、徐々に涙ぐみ生徒たち。 

この年頃の「泣く」という行為というか感情は
小学生のそれとも違うよなと思いながら(何が違うのかはわかりませんがw)見てました。


歌とその姿から十二分に子どもたちの成長、小学校を卒業してからの3年間が伝わってきました。



生徒のみなさん、PTAのみなさん、地域の方、そして先生のみなさん。
ありがとうございました。


ご卒業おめでとうございます。



 古川中学校 ⇒ http://www2.educ.osaki.miyagi.jp/furukawa-c/index.html
 



 本日の 河北新報朝刊にデカデカと載ってました!!!!


image


この企画が動き出したのが昨年8月。

店長たまのが中学校に出向いて、、街の現状を訴え『ぜひ皆さんに協力してほしい!』

と涙ながらに(嘘)訴えたのがきっかけでありました。



厳しい時代を経て、今残っているお店は何かしら光るもの(商品・サービス)がある。

その光るものを多くの方に知らしめるお手伝いをしてほしいと。


そうお話しさせていただいたのでした。


社会人経験をして古川に戻ってきた10数年前。

その時でさえ、高校時代にあったあの喫茶店やご夫婦でやっていた甘味処がすでに無くなっていたり

後継ぎがいらっしゃらなくて廃業をせざる負えない状況を間近に見てきました。


大変さみしい思いをしました。

過去の思い出の場所がなくなる。その喪失感というんでしょうか。



昔あそこで食べたラーメン美味しかったよね。 

祭りで太鼓を叩いた、みこしを担いだ。

そんな 思い出が 郷土愛が生まれ故郷を懐かしみ、

「いつか故郷で暮らしたい」  そう地元に戻ってくるきっかけになると思っています。

ま、私もそんな感じで地元に戻ってきたわけでして。


お店を残す。


後継者問題やら何やらありますが、根本となるのはやはり「経営の土台がしっかりしていること」が大事であって。

お店の”売り”をPRし、お客様を増やし売り上げを増やし利益を出して従業員を雇用する。

この流れを作るために、その最初の一歩「店のPR」に古川中学校3年生のお力をお借りしたのであります。






想像以上の出来栄え!

2016-03-04-10-54-41



中学生がセレクトした20店舗を丁寧に取材して記事にしております。

2016-03-04-10-54-31

2016-03-04-10-54-26





古川から出て大人になり結婚し子供がいて。

その子供と一緒に昔取材にいったお店に買い物に行く。



「昔ね、お母さんが中学生の時からここのラーメン屋さんあったのよ。美味しいのよ」



そういうのがいいなあと思います。



この流れを作るのがお店だけの努力だけでなく

学校も学生も大人も皆で、


つまり「地域全体で作る」


『自分のポケットに入っているこのお金が地域の発展に繋がる』


そんな意識の醸成も必要かなとも思います。






古川中学校3年生のみなさん、先生、ありがとうございます♪


 

このページのトップヘ